テーマ:花札

沖縄音楽・BEGIN(ビギン)・一五一会(花札余話・唐船ドーイ)

沖縄音楽ファンやBEGIN(ビギン)ファンの方へ。  ご存知の方もいらっしゃるとは思いますが。  BEGINとヤイリギターが開発した一五一会。共鳴箱のデザイン、花札の短冊が原型なんです。ですからあの型なんです。  音来( ニライ )又は一五一会の方です。奏(カナイ)じゃない方です。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花札・松井天狗堂

 お聞きしたことを、忘れてしまうといけないので。  松井重夫さんによると、花札は12月、ひと月4枚、似た絵柄があります。  3歳の子供でも神経衰弱ができるそうです。(松井さんのお孫さん発案やに?伺いましたが。)  松井さんのお孫さんは、そうやって遊んでいたそうです。  先日の京都新…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

松井天狗堂・(後日記追加)

google検索「松井天狗堂」で私のブログがトップだったのでびっくりして、お礼も兼ねて2本目を。  なんだかよく解りませんが、お世話になりありがとうございました。  ある世界的伝統日本版画の継承者(美術、芸術界の国士無双)と、なぜか少々ご縁がありまして(ご本人に迷惑がかかるといけないので、あえてお名前は載…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

確率論と博打(ばくち)

 運やツキについて。  マージャンでもトランプでも花札でも、流れと言うものは存在し参加している人それぞれに、ツキの波、運はあると思います。  冷静に考えると、とても不思議です。  たとえば、ルーレット。50回連続で黒なら、確率論でいけば次は赤ですが、博打では必ず黒です。場を読む人なら、口をそろえて黒と言うで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

松井天狗堂・手摺花札

 以前から手摺花札があることは知っていましたが、現在製作されているのはただ一人だとは知りませんでした。  京都府にある工房。年間製作個数一種類50個。手摺花札職人三代目松井重夫さん77歳。  是非購入したいと思い色々調べました。ネットサイト何処で何日調べてもSOLD OUT。失礼とは思いつつも製作所に電話して…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more