テーマ:民主党

謝罪・世間をお騒がせして大変申し訳ありませんでした・のコメント

   いったい誰に謝っているのでしょう。  世間をお騒がせして大変申し訳ありませんでした。ペコリ。カメラのシャッターの音がカシャカシャカシャ。見飽きました。  糸井重里さんの文章をいささか拝借します。  政治家や芸能人、経済界トップなどが盛んに用います。  意味はそれます…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

菅直人・小沢一郎・民主党代表選・公開討論会

いわゆる、茶番だと思います。 マスコミを通して国民の注目を集めたいだけなんです。 あわよくば支持率を・・程度の話です。 小沢一郎さんは民主党の裏のボスでした。 裏の代表は、いつでも表の代表になれるはずです。 何でいまさら? 結局、お仲間内なのに、政策、見…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

迷走 民主党政権

 現政権で、何も決まらない理由。  先日の衆議院議員選挙は、経団連(雇用者)対、労働組合各団体+外国人の構図のようです。  労働賃金を上げろとか、待遇を改善しろ、権利を認めろ、とかの方たちが、さあ政権を担当する番がきました。  今まで労働賃金を上げろと叫ぶことだけしてきたので、労働賃金を上げるに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

民主党狂騒曲・(狂走)

 すごい政府ができました。  社民、国民新党は、国民の信任を受けていないにもかかわらず、大臣を擁立しいろんな問題発言をしています。  社民(旧社会党)は軍事力を持たないことが大原則の政党ですから、沖縄基地問題を相談しても結論などでるはずがありません。共産党と同じで、自衛隊自体、反対なのですから。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

外国人参政権反対

 大変な事になってしまいます。  民主党が外交人参政権を認める法案を提出しそうです。  公平公正な立場を必要とする人間が、やや抵触のある発言をさせていただきます。  仮に外国人地方参政権が認められれば、日本のあちらこちらに外国人村ができるでしょう。  日本国内で、外国人による地方自…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

壊し屋・今度は日本を壊す

 壊し屋が民主党の裏ボスですが、中国に130人でしたっけ、国会議員を連れて行って、あちらの方が大喜びしました。  外遊帰国後、天皇陛下の問題などをマスコミに言及されると、憲法に記載してないですって。  外国人参政権の方がよっぽど憲法に矛盾していることを棚に上げて。あきれます。  民主党政権は発足…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

小沢一郎さん

 田中角栄さんの(最後の?)弟子です。  何を考えているかよく解りません。  西松建設でしたっけ。良くないうわさは。政治手法もそっくりです。公的建設での経済発展は過去の遺物です。  全国的にダム建設はストップですが、民主党がらみや、小沢一郎がらみは、続行らしいです。  検証していま…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

外国人参政権

 外国人参政権について一言。  民主党がおかしな話をし始めました。  永住外国人に、まずは、地方参政権から与えていこうと言っています。  そもそも永住外国人なんていうばかげた言葉が存在しては困ります。  日本滞在ののち、母国に帰国するか、または日本国籍を所得し、日本人として帰化し納税の義務を果たし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

亀井静香の逆襲・小泉元首相逮捕か

 時事問題で恐縮です。亀井静香さん郵政金融担当相ですかね。  亀井静香さん。小泉政権時代、郵政民営化で、野田聖子さんと、綿貫さんと自民党からほられた方です。  大臣打診の時、警察庁出身なので、法務大臣かなと思っていました。  郵政民営化の本当の目的は小泉・竹中政権が、アメリカの日本をあやつる政権…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

友愛・経団連

 民主党・鳩山由紀夫様へ。  自民党の方々と友愛できない方が、果して世界の様々な国々の方と友愛が可能でしょうか。  今度の選挙は投票する政党がなくて困惑しております。  どちらかの政党は、いまこそ○○党なんて言っておられますし。(いまこそさんに大量得票があれば国家の構造がすべて変わることとなります。)  正直党と…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

民主党と日本国籍

 民主党の党首が、小沢一郎さんから鳩山由紀夫さんに変わりました。  現在、鳩山さんは、近隣諸国との友愛を盛んに強調しています。  目的は政権与党となったら、父親のサインさえあれば外国人にも日本国籍を与えるということを、すすめるためのイントロダクションでしょう。  慎重に議論して可否を決めないと大変なことになります。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more