花札・松井天狗堂

 お聞きしたことを、忘れてしまうといけないので。



 松井重夫さんによると、花札は12月、ひと月4枚、似た絵柄があります。



 3歳の子供でも神経衰弱ができるそうです。(松井さんのお孫さん発案やに?伺いましたが。)



 松井さんのお孫さんは、そうやって遊んでいたそうです。



 先日の京都新聞では、松井重夫さんの技を盗むために大石天狗堂の職人さんが、松井天狗堂に出向しているそうです。



 昨年大みそかの小生ブログが現実となりました。



 伝統の火が消えないことは私にとって大きな喜びです。



 記事の中で独学で手摺りを復活し、色が乗らず御苦労し、ミョウバンを利用することを思いつくまでに2年かかったとのエピソード。



 某伝統版画の巨匠にお話したら、そうなんですよ。ミョウバンと膠(にかわ)の配合比率が難しいんです。



 トーンアップしたお声で。何やら、未知の領域へお話が進みそうで、私はただニコニコしていました。



 英語が話せない日本人がアメリカ人に話しかけられている映像、あんな感じのニコニコですかね。



 すたることのない、日本の伝統文化、花札。



 どちらの国の方もお忘れなく。日本独自の文化の花札です。



 どこの国にでも派生すればよろしいが、400年以上庶民に愛され続けている日本の四季の移ろいの集大成、花札です。

 松井天狗堂ブログNo1 http://02910607.at.webry.info/200901/article_7.html
 松井天狗堂ブログNo2 http://02910607.at.webry.info/200912/article_10.html

ゲゲゲの鬼太郎 花札 妖怪花あそび 2
きまぐれ太一堂
通常の花札の遊び方のほか、 妖怪花あわせ・エロイムエッサイム・妖怪大戦争など遊び方も一杯!! 遊び方


楽天市場 by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック