松井天狗堂・手摺花札

 以前から手摺花札があることは知っていましたが、現在製作されているのはただ一人だとは知りませんでした。



 京都府にある工房。年間製作個数一種類50個。手摺花札職人三代目松井重夫さん77歳。



 是非購入したいと思い色々調べました。ネットサイト何処で何日調べてもSOLD OUT。失礼とは思いつつも製作所に電話してしまいました。御当主とつながりました。何処の販売店経由で購入させていただけるものかとお尋ねしたところ、直接工房にお邪魔しても良いとのお返事。行ってきました。



 病気自宅療養中で、現在はまだお仕事には復帰されていません。製造中止と書いてあったブログも散見されましたが、体調が良くなったらまた作っていただけるそうです。(平成21年1月18日現在)。



 しかし残念なことは、花札は現状で需要があまりなく四代目は作らないそうです。花札マニアは全国に200人しかいなく、印刷花札大量生産の任天堂でも生産縮小中だそうです。



 私見ですが花札は安土桃山時代より始まり明治時代までの庶民の四季のうつろいの集大成だと思います。私はすべての札の絵柄が大好きです。松井さんによれば、カードゲーム札を表(絵柄面)にして束にして少しずらしたとき、ずれた後ろの隙間に見えるわずかな絵柄で何のカードか判別できるのは花札だけだそうです。



 戦争中に伝わった韓国では、現在花札盛んに遊ばれているそうです。何か忘れましたが季節札が韓国にはなく、かわりに蘭(らん)が印刷されているそうです。



 松井天狗堂では手摺りの百人一首も作られているそうです。百人一首は福井だと思いましたが保存会があり、マスコミにも取り上げられる全国大会があるので、しばらくは、すたる事はないと思います。私見ですが、歌の内容はさておき、坊主と殿と姫しかいないので札を眺めていても、ちっとも面白くありません。



 花札は存亡の危機です。当院の若いスタッフに、猪鹿蝶知ってるて尋ねたら、何ですかそれは、との返事。キー打ちでも(伊野氏課長)の変換です。絶滅危惧種レッド、日本の伝統的カードゲーム花札が危険です。我家の子供は幼稚園のときから、こいこいは出来ます。他家ではするなと言ってあります。


日本が誇る、伝統カードゲーム 花札任天堂花札 大統領 赤
木のおもちゃwoodwarlock
任天堂 花札 分類  カードゲーム・伝統玩具 オススメ 7歳頃からプレイ人数 ?  2?3人プレイ時


楽天市場 by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのコメント

たくみん
2009年02月22日 22:30
はじめまして。
たまたま新宿の小田急百貨店で京都物産展が行われており、手刷花札を購入しました。大石天狗堂さんが販売していましたが、製作は松井天狗堂さんとのこと。松井さんは残念ながら引退されたため、在庫がなくなり次第終了とのことでした。

この記事へのトラックバック